矯正歯科で治療するときに必要な費用はどのくらい?
ロゴ

矯正歯科での治療費を無駄にしないために目安と医師選びのコツを伝授

矯正歯科治療を受ける必要性

矯正歯科治療を受けると、歯列が美しく整って顔の歪みを治すことができます。また、矯正歯科資料は見た目が良くなる他にも、歯が磨きやすくなるなど日常生活にもいい影響を与えてくれます。歯のバランスが整うことで体全体のバランスも整いやすくなり、腰痛が治るといった嬉しい効果も期待できるでしょう。

効果は異なる?表側矯正と裏側矯正の違い

ワイヤーを使用した一般的な矯正方法・表側矯正

ラビアル矯正ともいわれる表側矯正は、多くの人が利用している一般的な矯正方法です。どんな歯並びでも使用できるため、大変万能な矯正方法だといえるでしょう。近年は金属のワイヤーだけでなく、目立たない白や透明のワイヤーも登場しています。

周囲の人に知られることなく矯正できる・裏側矯正

リンガル矯正ともいわれる裏側矯正は、歯列の裏側に装置を装着するタイプの矯正方法です。どんな症例でも使用できる点は表側矯正と変わりませんが、大きく違うのは口を開いても見えないという点です。接客業など人との関わりが多い職業に就いている人でも、気兼ねなく治療できるでしょう。見た目を重視する人におすすめの治療方法だといえます。

矯正歯科で治療するときに必要な費用はどのくらい?

歯型

矯正歯科での治療費用の目安

さいたま市の矯正歯科治療に必要な費用は大人と子供では異なりますが、大人の場合は大抵80万円から100万円が目安となります。内訳としては、初診料が5千円前後、レントゲン撮影などの検査料が3万円から6万円程度、診断料が1万円から4万円程度です。肝心の矯正器具については費用の幅が広く、65万円から100万円程度掛かります。この他にも、矯正器具のケアに必要なグッズを購入したり、メンテナンスを行う度に5千円程度の費用が必要となるので、カウンセリングの段階でトータル費用を確認しておくと安心です。

お得に矯正できる方法とは?

歯の矯正をしたいけれどお金も時間もないという人は、部分矯正を行いましょう。歯全体を矯正治療するとお金も時間もかかりますが、治したい部分に絞って治療を行えば、どちらも節約することができます。状態によって全体的な矯正治療が必要となることもありますが、歯を一本だけ移動させたいなど一部分の問題であれば部分矯正で済みます。歯科医師に相談して部分矯正で済むか、一度診察してもらいましょう。また、全体的に矯正を行っても、後々 医療費控除で費用が返ってくることがあるので、費用についても併せて相談しておくといいでしょう。

優良な歯科医師を見分ける5つのポイント

カウンセリング時間が十分

診断や治療方法を間違えれば、症状が改善することはありません。そのため、初回のカウンセリングが非常に重要となります。正しい診断をして個人に合った治療方法を見極めるためにも、患者とじっくり話し合ってくれる歯科医師は信頼できるといえるでしょう。カウンセリング時間が長いからと辟易せずに、希望を伝えたり疑問について尋ねるなど、積極的に話し合うことが大切です。

不得意な治療はハッキリ断る

一口に歯科医師といっても、虫歯治療を得意とする人もいれば矯正治療が専門の人など、得意分野はそれぞれ異なります。無理に引き受けて不確かな治療を行う歯科医師よりも、不得意なことはハッキリ断って他院に行くよう勧めてくれる歯科医師の方が信頼できるといえます。歯科医院の公式ホームページには、大抵どのような治療を得意としているか記載されているので、事前にチェックしておくといいでしょう。

治療の詳細な記録を残す

レントゲンや写真などを使って歯の治療記録を残せば、患者に治療の進行度合いを詳しく説明できます。また、難しいケースは他の歯科医師に見せて相談したり、過去の記録を振り返って治療方針を考え直すなど、記録は様々な面で役立ちます。そのため、マメに記録をしっかりと残してくれる歯科医師は優良だといえるでしょう。

治療前にクリーニングしてくれる

汚れを落とさずに治療をすると、治療した跡から細菌が入ったり、歯型が正確に取れない可能性が高くなります。そのため、治療前には歯科衛生士が口内をしっかりと洗浄してくれる歯科医院を選びましょう。歯科衛生士が複数在籍している歯科医院が理想的だといえます。

簡単に歯を削ろうとはしない

自然の歯を簡単に削ると、強度が落ちたり虫歯になりやすくなるというデメリットがあります。削った歯は二度と元には戻らないので、極力自然な歯を残してくれる歯科医師を選びましょう。虫歯の場合は、事前にどのような方法で治療するのか確認しておくと安心です。