マンション模型を持つ人

投資マンションで失敗しない方法|成功の道を知る

家賃保証のアパート経営

スーツの男性

空室のリスクを減らす方法

不動産投資の中でも安定した投資ができるのがアパート経営です。毎月安定した家賃収入があるので、老後の生活設計を立てるには適しています。ただし空室というリスクがあります。入居者は色々な事情で引っ越しますので、その時にすぐに入居者を確保できるかどうかがアパート経営の成功の鍵となります。そのリスクをなくすための工夫の1つがサブリースです。これはアパートのオーナーが管理会社に経営を任せるのです。その時に空室が出た場合でも管理会社が家賃をオーナーに支払う契約をするのです。これがサブリースのメリットです。空室が出た時も入居者の募集などは管理会社がやってくれます。なかなか入居者が見つからない場合も、家賃は毎月管理会社が支払ってくれるのでとてもありがたいシステムです。

契約書で確認することがら

サブリースの注意点は家賃の見直しが必ず行われることです。当初の契約通りの家賃ではなく、将来的に減額される可能性があることを知っておく必要があります。家賃の見直しは2年後に行われるケースが一般的です。それでも入居者の管理などをすべてサブリース契約した管理会社がしてくれるので便利です。もし入居者のトラブルが起こった時も管理会社が対応してくれます。また契約の時に気をつけることは、アパートの修繕費などが発生した場合に管理会社が負担するのかオーナーが負担するのかを確認することです。家賃の改訂などの時期についても契約書で確かめておく必要があります。将来的には少子化によって若者の人口が減ってくるので、アパート経営も周辺環境のよいエリアに集中する傾向があります。管理会社によるサブリースも状況によって変わってくるはずです。