失くなった歯は歯医者で取り戻す!【インプラントとブリッジ】
ロゴ

歯医者では適切な治療方法と素材を使って治してくれる

歯医者でお馴染みのクラウン

歯科治療で使われるクラウンとは、被せ物や詰め物のことを指します。主な材料は金属やセラミックで、近年は自然な歯と変わらない色合いを持つクラウンも登場しています。虫歯や治療で欠けた歯を補うために使用される事が多く、材料によって特徴や費用は異なります。同じ金属やセラミックの中でも幾つか種類があるので、それぞれの特徴と費用を比較して選びましょう。

クラウンで人気の材料ランキング

no.1

自然な色合いのセラミック

人間の歯に近い白色を再現できる上に、その色合いを長く保持することにも優れているため非常に人気があります。強度があるので歯を選ばずに使用できますが、歯ぎしりなどで破損することがあるので特定のクセがある人は、歯医者によく相談してから使用するか否かを判断しましょう。

no.2

アレルギーでも使用できる金合金

金合金は、銀歯よりも金属アレルギーを発症しにくいというメリットがあるため、アレルギーをお持ちの方によく選ばれています。人間の歯に近い硬度なので、噛み合わせる相手の歯など周囲の歯を傷つける心配はありません。金色なので見た目が気になるという人は、奥歯の治療に使用するのがおすすめです。

no.3

保険が適用される銀歯

銀歯を使用すれば、治療として保険が適用されやすくなります。そのため、昔から多くの人に使われてきた材料です。保険が適用されれば自己負担は三割程度で済むので、費用を抑えたい人は歯医者で希望を伝えましょう。審美性が気になる場合には、歯のマニキュアで銀歯を白くする方法もあるので覚えておくといいです。

失くなった歯は歯医者で取り戻す!【インプラントとブリッジ】

治療

歯を失った時の治療方法

歯のトラブルは、何も虫歯だけではありません。折れたり治療によって歯を失うことだってあるでしょう。そういった時には、入れ歯や差し歯によってなくなった歯の働きを補うことができます。元の歯と変わらない自然な仕上がりにできる反面、費用が高くなる方法や費用が安い代わりに見映えがあまり良くない方法など一長一短なので、何を重視するのかをはじめに決めてから新宿の歯医者に相談するといいでしょう。

注目されるインプラント治療

違和感が少ないブリッジ

ブリッジとは、健康な歯を支えにして失った歯の部分に被せ物をする治療方法です。被せ物を固定するために失った歯の両隣にある健康な歯を削らなければなりませんが、装着していて違和感が少ないというメリットがあります。ブリッジは取り外し式ではなくずっと固定された形になるので、食事中に外れる心配はまずありません。

治療方法を選ぶ時には費用対効果をみよう!

歯医者で受けられる治療はいくつか方法があり、費用は異なります。高額でも高い効果を得られる治療もあれば、小額でも定期的に器具のメンテナンスが必要となる治療もあるので、枚方市の歯医者で治療を受ける際には費用対効果をみてから申し込みましょう。